最新の看護師情報まとめ

転職する際の面接のポイント

転職する際の面接のポイント 新たな職場を探し活動することは今の時代では珍しいことではありませんが、その際に避けて通ることはできないのが面接です。
採用となるかを左右する重要な存在であり、準備や対策にやりすぎということはないので力を入れておくようにしましょう。
看護師の場合でも基本的なマナーは一般的な職業の時と変わりはなく、服装や髪型といった身だしなみや話し方に関しても基本を押さえておけば問題ありません。
看護師は他人の命や健康に携わる責任のある職業だからこそ、責任感があり細かなことまで丁寧な人材が求められることになります。
ミスマッチを防ぐことが重要であり、面接であまりに自分を取り繕ってしまうと、採用となり働き出した後に頭を悩ませることになりかねないので気をつけましょう。
聞かれてもいないことまで話しすぎたり、転職を考えた理由でマイナスの意見を伝えてしまうと落とされてしまうことにつながるので、ポジティブな理由を考えておくことが大切です。

好条件で看護師転職をするなら仲介サービスを使おう

好条件で看護師転職をするなら仲介サービスを使おう 看護師は、医療現場でも介護現場でも不足気味なので、わりと転職しやすい職業とされています。
条件を選ばなければ、わりとすぐに職場を決めることもできるでしょう。
しかし働くならば、なるべく待遇の良いところで働きたいのが看護師求職者の本音です。
ただ、自分だけで求人を探すとなると、得られる情報量が限られてくるので、なかなか上手くいかないかもしれません。
そんな時は、看護師専門の転職仲介サービスを利用してみるのがおすすめです。
仲介サービスに登録すると、経験豊富なコーディネーターが求職者の要望などをヒアリングして、最適な職場をたくさん紹介してくれます。
それだけでなく職場見学に付き添ってくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方をサポートしてくれたり面接指導までやってくれたりするので心強いです。
さらに、仲介サービスによっては就職が決まるとお祝い金を支給してくれるところもあるので、自分だけで探すよりもずっとお得になるでしょう。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>看護師が転職する背景にあるキャリアアップとは
>看護師の転職の仕方をわかりやすく解説します
>看護師の転職におけるよい印象を与えられる志望動機とは
>看護師が転職するときに重宝する専門サービス会社
>看護師の転職では好待遇であることが必須条件

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>看護師なら転職しても現場ですぐ活躍することができる
>ブランクのある看護師でも転職することはできる
>看護師が転職でキャリアアップするためのコツ
>看護師なら育児休暇で嫌なことがあっても簡単に転職できる
>看護師の転職はワークライフバランスをより良くするための選択肢

◎2020/5/19

転職する際の面接のポイント
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

訪問看護のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

転職活動で伝えておくべき事
の情報を更新しました。

◎2019/11/20

転職するなら面接の質問対策を
の情報を更新しました。

◎2019/9/24

転職する人が多い理由
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「看護師 条件」
に関連するツイート
Twitter

返信先:介護の資格で何でも実務経験が資格条件になるが資格取るのに実務経験あまり意味が無いそれよりしっかりした教育、規定の試験を受ければ良いと思う。準ケアマネって、準看護師を無くそうと言う時代に今更作る考えがおかしい。少ないから曖昧な資格を作る。短絡的考え。

看護師の転職サイトで就活してるけど、1番行きたいところまだ募集でてないから、ワイの担当とゆるーく他の条件良いところ探してる。とりあえず、今は建物の管理業務バイトの面接日程まで決まったから上出来だな👏

返信先:それは良い看護師の第一条件w

義母の転院先、今の病院の看護師さんも探してくれてるそう。 色々条件を見て、近所の療養病院が良いのかな? 中学生は面会出来ないらしいけど…。 義母がスマホ使えてたらビデオ通話も出来るのに…。 面会はまだまだハードルが高い!!! 1患者につき週に1回、1回15分とか短いよ。

今の病院の看護師さんから教えてもらったんだけど未熟児じゃなくても条件を満たせば未熟児療育医療制度を適用出来るみたいで、医療費と別にかかる食事代を負担してくれるようなので申請してきた もし同じような状況で適用出来る人がいたら活用してみてください ミルク代だけでも意外と出費になるから