最新の看護師情報まとめ

転職する人が多い理由

転職する人が多い理由 看護師はほかの職業に比べて、若いうちから転職する人が非常に多いという特徴があります。
実際に20代の地点でその経験者が半数を超えているというデータもあるほどです。そのような傾向にあるのは、看護師はそもそもその求人が全国どの地域でも非常に豊富であることが影響していると言われています。そのため、今の職場の人間関係に問題を抱えている人はもちろんのこと、キャリアアップを目指したい人や育児や家族の転勤、介護などのライフステージの変化に応じてよりより働きやすい職場環境を追い求めやすい職業と言えます。また、転職者が多いもうひとつの大きな理由が、体力的な問題です。これは、若いうちであれば身体に大きな負担を感じることなくこなせいた長時間勤務や夜勤が年齢とともに辛くなってくることに由来します。実際に、30から35歳くらいからは夜勤や超勤の少ない健診系や学校や企業関連の看護業務を希望する人が急増する傾向にあることがわかっています。

転職時に不利になる事が多い理由

転職時に不利になる事が多い理由 看護師不足の医療業界だからこそ、引く手あまたでいくらでも転職先があると勘違いされがちですが、誰もが受け入れられるわけではありません。いくら看護師が足りていないとはいえ、働いてもすぐに辞められては困りますしトラブルを起こすような人を雇いたいとは思われないからです。
求人に応募しても不採用になる人で多い理由が、短期間で何度も転職を繰り返している人です。数十年の看護師人生の中で一度や二度であればいいですが、数年の間に何度もであれば何らかの問題があると思われてしまい不利になってしまいます。面接の際には職歴に関して聞かれることになりますが、スキルアップの為とはいってもあまりにも短期間の間に繰り返している場合は他の理由があると思われてもおかしくありません。出来るだけ長く働ける職場を探して働くようにした方が、いざ職場を変えたいと思った時に不利になりませんので慎重に求人を探して応募するようにした方がいいでしょう。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>看護師が転職する背景にあるキャリアアップとは
>看護師の転職の仕方をわかりやすく解説します
>看護師の転職におけるよい印象を与えられる志望動機とは
>看護師が転職するときに重宝する専門サービス会社
>看護師の転職では好待遇であることが必須条件

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>看護師なら転職しても現場ですぐ活躍することができる
>ブランクのある看護師でも転職することはできる
>看護師が転職でキャリアアップするためのコツ
>看護師なら育児休暇で嫌なことがあっても簡単に転職できる
>看護師の転職はワークライフバランスをより良くするための選択肢

◎2020/5/19

転職する際の面接のポイント
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

訪問看護のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

転職活動で伝えておくべき事
の情報を更新しました。

◎2019/11/20

転職するなら面接の質問対策を
の情報を更新しました。

◎2019/9/24

転職する人が多い理由
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「看護師 転職」
に関連するツイート
Twitter

看護師の若手(1年目と2年目、3年目くらいまで)の転職は第二新卒と見られ良い条件の求人も少なくありません。 新人の一年目や二年目、三年目の20代で退職した人が使う転職サイトと、中堅やベテラン看護師がやめたいと思って使う転職サイトは少し違うこともあります。 以下、リプ欄に続く↓

転職市場の情報収集: 転職を検討する際は、看護師としての需要や、希望する地域・専門分野での職場環境をリサーチします。情報収集には、オンラインの求人情報や転職エージェントのサービスを活用しましょう。

昭和のおじ思想がキッショと思う。例えば看護師になれば相手の転勤についていけるとか(看護師の職に困らないと言う意味じゃなくて、女が男の転勤についていく思考がキモイ。転職したら年収が下がるリスクや、転職のタイミングで配属、配置によっては実際やりたいことをやれない環境だってあるのに、

看護師の友が転職を繰り返していて流石に心配になってきた 看護師さんは転職何回しても入職に引っかからないんかな🤔

199記事目👀ブログ更新✅ 現役の元看護師MSLの方から記事を執筆頂きました。MSLのお仕事と、企業で働くことのメリットについてまとめてもらいました。企業に転職を考える看護師さん必読です。 | 製薬キャリア 3.0☟