最新の看護師情報まとめ

看護師の転職方法:転職サイトを活用

看護師の転職方法:転職サイトを活用 看護師が効率的に転職する方法としては、転職サイトを活用することがおすすめです。
不規則な勤務体系や夜勤が多い看護師は、他の施設へ面接に行くのも大変ですし、勤務場所にも医療機関という制約が出てくるため、自分一人ではなかなか条件の良い勤務先を見つける事ができません。
しかし、サイトを活用することで、短時間で希望に沿った働き方ができる勤務先を見つける事ができるのです。
希望の勤務地や雇用体系など、条件を絞り込んで検索することも可能なので、自分が希望する働き方ができます。
最近では、看護師を募集する専用のホームページが開設されていて、そのページ限定で募集を出している病院もあります。
一般の情報誌を見てエントリーするよりも募集数が多いので、新しい勤務先も見つけやすくなるでしょう。
インターネット上で一括エントリーができるシステムもあるので、各病院に電話をしてアポイントメントを取る手間が省けるのもおすすめポイントの一つです。

看護師が転職するときはエージェントに依頼するという方法があります

看護師が転職するときはエージェントに依頼するという方法があります 看護師として働いていても、職場環境が合わなかったり福利厚生や給料に不満が出てくることがあります。
また夜勤が多かったり、スキルアップしたいので違う医療機関で働きたいと考えるときがありますが、その時は転職をするチャンスです。
看護師の人手不足は至るところでいわれていますから、求人情報も多いので、実は新しい職場を見つけることはそれほど難しいことではありません。
しかし転職方法として自分で求人情報を探して面接を受けるのではなく、エージェントに依頼して自分に合った職場を探してもらうという方法があります。
ただそのためには看護師のスキルはもちろん、それらに派生する資格を取得していたり講習を受けて知識を得ていると有利になります。
エージェントは常に優秀な人材を募集しており、その人の能力を最大に生かせる職場を紹介することを大きな目的としています。
そのため自分で探すよりも、福利厚生の条件が良かったり、将来のステップアップが期待できる職場を見つけてもらえる可能性があります。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>看護師が転職する背景にあるキャリアアップとは
>看護師の転職の仕方をわかりやすく解説します
>看護師の転職におけるよい印象を与えられる志望動機とは
>看護師が転職するときに重宝する専門サービス会社
>看護師の転職では好待遇であることが必須条件

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>看護師なら転職しても現場ですぐ活躍することができる
>ブランクのある看護師でも転職することはできる
>看護師が転職でキャリアアップするためのコツ
>看護師なら育児休暇で嫌なことがあっても簡単に転職できる
>看護師の転職はワークライフバランスをより良くするための選択肢

◎2020/5/19

転職する際の面接のポイント
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

訪問看護のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

転職活動で伝えておくべき事
の情報を更新しました。

◎2019/11/20

転職するなら面接の質問対策を
の情報を更新しました。

◎2019/9/24

転職する人が多い理由
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「看護師 依頼」
に関連するツイート
Twitter

おはようございます 言語化って大事 訪問看護立ち上げてもうすぐ2年 新規の依頼はありがたい事に途切れず ありがたい事に看護師もセラピストも増員できてきている 結構がむしゃらに走ってきたので 今私がやらないと行けない事は言語化 なぜ依頼がきているのか?…

返信先:入職時によろしくお願いしますという意味を込めた手土産持参も風習の1つじゃないですかね 妊婦さんになるとはいえ、移乗とか依頼してた看護師いました

返信先:病院からの依頼で、妊婦の方向けにお弁当の宅配をしていました。 ある時のご注文の際に電話の向こうの看護師さんに対し「おめでとうございます」とお伝えした際「めでたはめでたいんだろうけれど、自分たちは疲れるだけ」とお話しされてたのを思い出しました。

夜中バタバタして当直医も全然寝れてなくて2時頃に落ち着いたのに、4時に診察依頼で電話したら寝ぼけながらも看護師の話をちゃんと聞いて診察して、様子見の指示出して当直室に帰って行った。帰る前にありがとうって言ってくれた。その一言で気持ちが報われた!ほんといい先生でした😊

返信先:他2遅くに失礼致します🙏主人が亡くなった時民間の病院からでも依頼がありました。家族の1人がどうしてもイヤと言うので断念した経緯があり…私は特に死ぬ予定は無いのですが持病持ちでして…私も医療従事者として何かの役に立ちたいと。40年看護師をして自分の死因が分からないのはちょっと嫌かな〜と。